ビーチバレーと通常のバレーの違いは何でしょう

ビーチバレーの特徴

ビーチバレーイラスト

オリンピックでも正式種目となったビーチバレー。

 

「海辺でのちょっとしたレクリエーション」ではなく真剣なスポーツとして確立されてきましたね。

 

ではビーチバレーと通常のバレーボールとではどんな違いがあるでしょうか。

 

最も分かりやすい違いはコートですね。
バレーボールが室内のコートであるのに対し、ビーチバレーは屋外の砂浜です。

 

コートはバレーボールの場合より1m狭くなっていますが、ネットの高さは同じ、
プレーヤーは2人制です。

 

また屋外ですから、公平を期して、
両チームの点数の合計が7の倍数になった時にコートチェンジをします。

 

勝敗は、21点先取の3セットマッチ、3セット目は15点先取です。

 

ジュースの場合は2点差がつくまで試合が続行されることになります。
細かなプレー上のルールは通常のバレーボールと同じですが、ブロックの場合でも1回の接触と数えられる点が違います。

 

また多少のホールディングは違反とならない点や、ポジションに関しても特に規定はない点がソフトバレーならではのルールです。