バレーボールの歴史や種類

バレーボールの種類について

テレビでよくやっている6人制バレーが一般的なバレーボールですが、
その他にも

  • 砂の上で2人で競技するビーチバレー
  • 4人で柔らかいボールで競技するソフトバレー

など色々なバレーボールの歴史やルールを解説していきます!

 

 

バレーボールといえば室内でやる競技が一般的ですが、それ以外にもいろいろな派生競技があります。

 

浅尾美和

最近注目を浴びているのが「ビーチバレー」です。
TVで人気の浅尾美和選手が注目を集めています。

 

オリンピック競技にもなっていて今ブームが起きています。
ただまだまだバレーボールと比べるとマイナースポーツではあるので、

 

トップアスリートであっても練習場所の確保を自分でやったり、
資金集めのためにアルバイトをしたりなどがあるそうです。

 

 

 

他にも「ソフトバレー」という競技があります。
1チーム4人の選手で特徴的なのがボールが柔らかいことです。

ソフトバレー

バレーボールで初心者が一番嫌なのが、ボールが硬くて痛いことです。

 

  • レシーブをしたら手がミミズバレを起こした
  • 顔面ブロックしてしまって鼻血ブー

 

そんなことが起こらないのがメリットです。
小学生やお子様のスタートとしてはいいでしょうし、バレーを続けたいけど痛いのは嫌な人、本気でやりたいわけじゃなくバレーを楽しみたい、というような人たちにはもってこいの競技です。

 

 

あとは競技人数によって区分されることもあります。
オリンピックなどの公式ルールでは6人ですが9人でやるバレーボールもあります。