バレーボールは技術だけでなく仲間意識や連帯感が大切だという事を知ろう

バレーをする上で技術以外に大切なこと

ママさんバレーやパパさんバレーに参加する人が増える中、最近では知らない人同士がチームを作ってバレーを楽しむ「大学のサークル」のような集まりが人気を呼んでいます。

 

バレーボールは自分の陣地にボールを落とさないようにしながら、相手側の陣地に向けてボールを叩き込むというシンプルなスポーツです。
基本的には手や腕を使ってボールをコントロールしますが、中には肩や足などを使ってボールを扱う人もいるほど自由度の高いスポーツとなっています。

 

また、バレーボールを楽しむためには幾つかの基本ルールを身に付けるだけでなく、練習によってさまざまなテクニックを習得する必要があります。

 

いくら手や腕を使ってボールをコントロールするとはいえ、ボールに触れられるのは一瞬だけですので基本的な「トス」や「レシーブ」、「アタック」などのテクニックを身に着けない事にはバレーボールを十分に楽しめずに終わってしまいます。

 

ただ、技術やテクニックを身に付ける事は確かにバレーボールをする上で非常に大切ですが、それ以外にも大切な事があります。

 

バレーボールはチーム一丸となって行う「団体スポーツ」なので、技術やテクニックを磨くと共に「仲間意識」を高めたり「チームの連帯感」を向上させる事も非常に重要となってきます。

 

特にママさんバレーや知らない人同士が集まるバレーボールサークルのような集いでは「連帯感」や「仲間意識」がチームの勝敗を左右します。

 

 

技術やテクニックを磨く前に、まずはチーム内での「良好な人間関係」を構築する事が先決です。

 

特に主婦層が多く、同じ立場の女性が多く集まるママさんバレーでは人間関係の構築が何よりも重要となってきます。

 

そのため、ママさんバレーに初めて参加するという人はバレーボールの技術やテクニックよりも、まずは他のママさんとの「コミュニケーション」を第一に考える必要があります。

 

コミュニケーションが上手く取れれば必然的にチームプレーの質も向上しますし、何よりも良い雰囲気の中で楽しくバレーボールを行うことが出来ます。

 

>>ママさんバレーでママと仲良くなる方法はこちら