1位はオリンピックやワールドカップなどで常に優秀な成績を収めているブラジルです。

男子バレー強豪国

現在、日本の男子バレーボールのチームは「龍神NIPPON」という愛称で親しまれています。
世界ランクは現在14位です。

 

世界のバレー強豪国はどこなのでしょうか?
ここではランキング形式で紹介していきます。

 

2016年現在世界ランクランキング

 

ブラジル

ブラジルはサッカーが強いイメージですが、ここ数年もっともバレーボールの強い国となっている最強豪国です。
オリンピックやワールドカップなどでも常に優秀な成績を収めています。

 

ロシア

ロシアは常に世界ランキングの上位に君臨するもはや常連国となっている国です。
これまでオリンプック4回、世界選手権6回、ワールドカップ6回優勝しています。
男女共に長年に渡り強豪国であり続けています。

 

ポーランド

1970年代に世界強豪国として君臨していましたが、1990年代に低迷し、2000年代に入りプロリーグが発足してからは急激に力を強めてきました。
現在、ポーランド国内でも大人気のスポーツとなっています。

 

イタリア

1990年代に全盛期を迎え、2002年代に世界選手権で優勝して以降は世界ランキング上位に君臨しており、世界トップレベルの実力を持つ国です。
データを駆使する戦略をもつことで有名です。

 

アメリカ

アメリカはバレーボール発祥の地です。
1980年代には二人制サーブレシーブやオポジットやリードブロックなどの戦い方の他に、アナリストやリアルデータなどを駆使する画期的な戦略を考案したいわば「バレーボールの革命国」です。

 

 

2016年現在の日本の男子バレーボールチーム

2015年のアジア選手権では見事優勝したものの、2016年ワールドカップの敗戦によりリオオリンピックの出場権を逃してしまいました。
原因は戦略不足だそうです。
再び強い男子バレーボールチームになり、活躍してくれる事と思います。